専業主婦の私の節約とご飯の支度をしていて思うことはかなり相関性がある

私は現在専業主婦です。なので、日々節約のことで頭がいっぱいです(笑)。
最も節約しているのは、やっぱり私のお小遣いかなぁ…と思います。今思い返してみると、新婚当初~子供が赤ちゃんの頃は、旦那の給料からお小遣い3万円貰っていました。なので、コラーゲンドリンクを買ったりちょっとお高い化粧水を買ったりと、自分にお金を使うことができました。

img135

でも今、子供たちも小学生になり通信教育や習い事などお金もかかるようになってきたので、私のお小遣いは1万円まで減っています。洋服はもっぱらネットオークションで買っていますし、化粧水もプチプラのものに変えました。また、美容室も本当は2ヶ月に1回は行きたいですが、髪が伸びてきたら結ぶなどしてなんとか4ヶ月くらいは持たせています。

本当は仕事に出ればいいのでしょうが、以前フルタイムで仕事をしていたときに子供たちとの時間があまりに少なかったので、現在学校から帰ってきた子供たちを家で待っていられること、勉強をじっくり見てあげられることに何よりの喜びを感じています。子供たちがもう少し大きくなるまでは、自分のことはもうちょっと我慢して節約を続けたいと思っています。

ご飯したくが家事の中でも一番大変と思う今日この頃です。野菜やお肉を切ったり炒めたりはごく普通にしているけれど、便利なお惣菜キッドや万能たれをプラスで本格料理。でも、とってもイライラする場面に遭遇してしまいます。具材や調味料の入った袋って、ほとんど「どこからでも開けられます」って書いてあるのに、開かないし切れてくれないしで、せっかく時短料理できると思っているのに、袋が開かないんですよね。位置をズラして試してみてもなかなか開かない・・・結局はハサミでチョッキン。

img127

じゃあ始めからハサミを使って切ればよかった~ってプチ悔しさ。一人キッチンで文句を呟くことが多いです。さらに開かない物と言えばハムやベーコンのパッケージです。パッケージの角に三角で「あけくち」とわりと大きめの文字で書かれていますが、これがまた開けにくくイライラ場面です。

開けやすく工夫されている商品もありますが、だいたいはツルツルして開きません。パッケージが密着しすぎてめくれる部分がズレてかなり力を使うこともあります。それでも便利な食材達は冷蔵庫に常備される主婦のお助けアイテムなんですよね!?文句を言いながらでも美味しく食べてもらえる料理を日々考えようと思っています。